ブログネタが.....

ホント悪天候が続いてます.....
こんな状況では釣りに行かないのも仕方ないですわ

ということでフィッシングショー前回の続きです。
今回はロッドに注目
P1310236.jpg
ダイワ モアザンIL 90ML

久しぶりにみたシーバスロッドのインターラインモデルです。
10年くらい前に、船竿や磯竿などがなんでもかんでもインターラインにしていたころに、チームダイワXソルトウォーターというインターラインシーバスロッドが発売されました。
早速使ってみたら、飛距離は出ないわ、ノットがすぐボロボロになりリーダーがスッポ抜けるなど散々な思いをしてすぐに手放した思い出があります

当時はナイロンラインが主流で、ラインシステムもダブルラインにオルブライトノットが当たり前だったので、非常にラインの通りが悪かったのが原因でした... 

現在では、しなやかな極細PEが主流となり、FGやPRノットなどの摩擦系ノットが考え出されたため
エギングのインターラインロッドのようにようやく日の目を見たといった感じです。ちょっと時代を先取りしすぎていたのですかね

ただ当然ながらショックリーダーの太さや長さに制限があるので、タラシを長めにしたり、リーダーを短めにするなどの工夫はしなくてはいけないので注意が必要ですよ

シマノからは名竿がようやくのモデルチェンジ!
P1310247.jpg
シマノ NEW海春シリーズ
旧モデルがかなり活きの長い製品でしたが、Kガイド+CI4グリップによりさらなる軽量化を実現
操作時には6:4調子、やり取り時には5:5調子に変化するため、使用感はかなりアップしていると思いますね
個人的にはグラスっぽいベロベロ調子が好きなのですが、汎用性ではコチラのほうがイイと思いますわ

がまかつからも名竿がモデルチェンジ!
P1310254.jpg
がま磯 チヌ競技スペシャルⅢ
なんと今回は1.2号以上を一切廃止、よりチヌ専用ロッドとして生まれ変わりました
でもウチの売れ筋が無くなったような気もするので追加機種がでるかどうか今後気になってきますね。

おなじがまかつのブースでこんなものもありました。
P1310255.jpg
大鮎要&刻
本モデルよりナノスムースコートを採用した鮎ハリです。
既にナノグレなどには、同じコーティングを施されていますが、
これのスゴさは、組んだカケバリを仕掛巻に収納するときにわかると思います、スリットに入れた時の間隔が
ハンパなくスムーズですよ

このコーティングをトリプルなどのルアーフックに使えないのかと聞いたところ、海水に弱くてまだ使えない
そうです でも淡水ハリや海水のエサハリには十分使用できるので、今後も色々な種類が出ると
おもいますよ。

新製品入荷しましたらブログにて更新していきますのでよろしくお願いします。


ためて楽しい!!
使って嬉しい!!
フジノポイントカード会員募集中!!
毎月5の付く日はポイント5倍!!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fujino

Author:Fujino
福井県の釣具屋
フィッシングタックルフジノです。
web http://www4.ttn.ne.jp/~fujino-tk/

福井店
〒910-0033
福井県福井市開発町5-8-5
TEL 0776-53-7775
FAX 0776-53-7780

武生店
〒915-0845
福井県越前市三ツ口町139
TEL&FAX 0778-22-5077

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
↓携帯からもど~ぞ↓
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示